サイトマップ お問い合せ
Home 採用情報 会社概要
 
 熱中症対策
 
 紫外線対策
 
 シミの予防とお手入れ
 
 食べてシミ予防
 
 虫除けハーブ
 
 

熱中症対策 
熱中症の種類  重症度 Ⅰ度
熱失神
   原因 直射日光の下での長時間行動や高温多湿の室内で起きる。発汗による脱水と末
       端血管の拡張によって、体全体の血液の循環量が減少した時に発生する。

   症状 突然の意識の消失で発症する。体温は正常であることが多く、発汗が見られ、
       拍
徐脈を呈する

   治療 輸液と冷却療法を行う

   
熱痙攣  重症度:Ⅰ度
    原因 大量の発汗後に水分だけを補給して、塩分やミネラルが不足した場合に発生する

   症状 突然の不随意性有痛性痙攣硬直で生じる。体温は正常であることが多く、発汗
       が見られる

   治療:食塩水経口投与を行う

   
熱疲労  重症度:Ⅱ度
   原因 多量の発汗に水分塩分補給が追いつかず、脱水症状になったときに発生する

   症状 症状は様々で、直腸温は39℃程度まで上昇するが、皮膚は冷たく、発汗が見られ
       る

   治療:輸液と冷却療法を行う

   
熱射病  重症度:Ⅲ度
    原因 視床下部の温熱中枢まで障害されたときに、体温調節機能が失われることにより
       生じる

   症状 視床下部の温熱中枢まで障害されたときに、体温調節機能が失われることにより
       生じる

   治療:緊急入院で速やかに冷却療法を行う

   
【Wikipediaより】 

紫外線対策
シミ・シワを作らないようにするには、紫外線に当たらないようにするのが一番です。最近は、フェイスパウダータイプの日焼け止めが発売されているので、化粧をした後にも使用でき便利です。

SPF(sun protection factor、UVB防御指数)とは紫外線のうち、肌がヒリヒリと赤くなるような炎症(サンバーン)をひき起こす傾向の強いUVB波を遮断する効果の程度を表す指標。 皮膚が紫外線を浴びはじめてから赤い斑点ができるはじめるまでの時間を何倍に引き延ばすことができるかを表したもの。たとえば、赤い斑点が現れるまでに20分程度かかる人がSPF10の日焼け止めクリームを塗った場合、20×10=200分(3時間強)までは赤い斑点を生じずに済む、ということになる。指標の性質上、値とともに誤差が増大するものであり、日本ではSPF50を超える能力が有意に認められる場合はSPF50+と表記することになっているが、日本以外では50以上の数値をそのまま表示する商品も多い。

PA(protection grade of UVA、UVA防御指数)とは、紫外線のうち、肌を黒くしたり、シミをつくる傾向の強いUVA波を遮断する効果の程度を表す指標。 +(効果がある)、++(かなり効果がある)、+++(非常に効果がある)の3段階(無標も含めれば4段階)に分類する。

SPF30以上の強い日焼け止めには主に吸収剤が使用されている。吸収剤は効果が強力なため、肌の弱い人が使うとアレルギー反応を起こし、かぶれる場合がある。紫外線を防ぐために酸化チタン酸化亜鉛といった金属が必ずと言っていいほど使用されているため、長時間の使用は肌に悪影響を与えるといわれる。使用後は、寝る前に必ず石鹸またはクレンジング剤で洗い流す必要がある。

【Wikipediaより】
シミの予防とお手入れ
UV対策
  日焼けによるシミはもちろん、肝斑など原因は違っていても、紫外線がシミの発祥の誘因と
  なったり悪化させたりします。また、シミの元メラニンを作るメラノサイトが全身で活性化する
  ため、目や首、手足もしっかりUV対策しましょう。
保湿
  紫外線を浴び日焼けをした肌は乾燥しやすい状態になります。乾燥すると肌の機能が衰え
  シミができやすくなり悪循環です。またシワの原因にも。美白効果のあるスキンケアでたっ
  ぷり保湿をしましょう。
刺激を与えない
  シミはよく擦る部分に出来やすいので、洗顔はしっかりネットなどで泡立ててからやさしく洗
  いましょう。シミを隠そうと化粧を厚塗りするのも要注意です。
ストレスをためない
  ストレスはホルモンの分泌に大きくかかわってきます。生活リズムを整え、睡眠を十分に取
  り、出来るだけストレスをためないようにしましょう。
 【yomiっこより】

食べてシミ予防
レチノール(ビタミンA) バター、牛乳、卵、チーズなど
  動物性食品に含まれ、ターンオーバー(皮膚が生まれ変わるサイクル)を正常化してコラー
  ゲン再生を促す働きがあり、シミを薄くしシワを予防します。
ビタミンC レモン、イチゴ、ブロッコリー、じゃがいもなど
  紫外線によるシミにはビタミンCが効果的です。メラニン生成を抑え、沈着を予防します。スト
  レスやタバコで失われやすいので、朝・昼・夜をこまめに取るのが理想的です。
ビタミンE アボカド、大豆、ごま、アーモンドなど
  若返りのビタミンとも呼ばれ、メラニンの排出を助け、女性ホルモンの分泌を促し、新陳代謝
  を高めます。
βカロチン 緑黄色野菜(シソ、モロヘイヤ、パセリなど)
  緑黄色野菜に多く含まれ、紫外線による肌のダメージを修復します。メラニンが出来ないよ
  うに働きます。
アスタキサンチン サケ、イクラ、エビ、カニなど
  代謝を促す効果があり、ビタミンEの500~1000倍の抗酸化力を持っています。
  【yomiっこより】

虫除けハーブ
【ニーム】
 インドにある樹木、センダンの一種です。
 防虫効果のある有効成分「アザディラクチン」が豊富に含まれており、「ニームケーキ」は家庭
 菜園に最適です。土に混ぜて使用します。


  ・無毒性、生分解性だから環境にやさしい
  ・神経毒作用(殺す)ではなく害虫忌避、摂食障害による防除である
  ・害虫の産卵、孵化を阻害する
  ・益虫を殺さないので、天敵が残る
  ・害虫に耐性がつかない

 効果のある虫:ゴキブリ、蚊、ハエ、アブラムシ、ハダニ、スリップスなど200種以上に効果が
 あると言われています。

 
【ゼラニウム】
 ローズゼラニウムというハーブに、シトロネラという植物が持っている、蚊がいやがる匂い成分
 があります。窓辺に置き、揺すってやったりすると効果が上がるそうです。犬小屋の脇に置い
 てあげれば大事なペットを危険な病気からも守ってくれます。


  ・ハーブなので人体に影響はありません
  
 
効果のある虫:蚊
 アロマオイルで虫除けスプレーが作れます。
 

 このページのTpoへ 

Copyright (c) 2010 Rapport All Rights Reserved